葬儀の費用や、流れ、マナー、しきたりなど、わからない事を徹底解明

イマドキの葬儀が全てわかる!葬儀屋まんぞうのぶっちゃけコラム

勝手に気ままに、葬儀の「表と裏」を書いちゃいます

お葬式の服装❓何着るの❓

どもども

まんぞうです。

10月なのに暑い日が続きますね。

葬儀屋は、必ず上着着用ですので

気温が高いと、しんどいです(笑)

 

さて、お葬式の服装について少しお話します。

 

お葬式の服装は、だいたい皆さんわかって

いるかと思いますが

まぁ、黒服つまり喪服を着ますね。

f:id:to0512:20161029073412j:image

こんな感じですが

一応気をつける事を説明します。

 

まずお通夜の服装からです。

実は、

通夜にはあまりきちんとした喪服で行く必要はありません。 

 

「え⁉️喪服じゃないの?」

と思うかもしれませんが

 

「亡くなる事に対してあらかじめ準備していた」

とされるのが、昔からの考え方です。

 

ですから、

「地味な服装であれば構わない」

が通夜の服装になります。

 

あ、それでも派手なアクセサリーや派手な色の服、女性は、露出の多い服はダメですので、気をつけましょう

 f:id:to0512:20161128224859j:image

                                     

                          ダメです!

 そんな平服で良い通夜ですが

最近は通夜だけのお参りで、葬儀には出席をしないというケースも増えてきたため

喪服で出席する人がほとんどです。

 

ですから、結局

お通夜の服装は

 

時間に余裕があれば喪服

職場から直接行くなど、

時間に余裕がなければ

落ち着いた服装で出席するということになります。

 

続いて、葬儀の服装です。

 男性

上下黒のブラックスーツ。スーツはシングルでもダブルでもオッケーです。

 

ワイシャツは白、ネクタイ、靴下、靴は黒、ハンカチは白です。

f:id:to0512:20161128224846j:image

 女性

黒いワンピースまたは黒いスーツ。

肌を多く露出するものはNGです。

 

ストッキングは肌色か黒。

靴、バッグもすべて黒にします。
ハンカチは白、黒、グレーなど。

 

アクセサリーはなしでも構いませんが

つける場合には

結婚指輪とパールのネックレス程度

にします。

 f:id:to0512:20161029092722j:image

和服の場合は、黒喪服または一つ紋か三つ紋付きの地味な色無地。帯は黒です。

今はレンタルがほとんどですので

家紋は無いものが多いです。

 f:id:to0512:20161029092711p:image

 子供

学生服で結構です。

保育園、幼稚園児は、明るい服でなければオッケーです。

よく、子供服を困る方が見えますが

急な事ですし、体型も変わりやすいため

その時に持っている

落ち着いた服で十分です。

 f:id:to0512:20161029092824j:image

ついでに

仏式の場合

左手に数珠を持ちます。

合掌するときには、輪に両手を通して

合掌します。

 

 持ち方は、宗派によって変わるので

一覧をご覧ください。

f:id:to0512:20161029093433j:image

 

葬儀の作法や、焼香の作法は

細かな事を言えばキリがないですが

 

大切なのは

故人を偲ぶ気持ちです。

 

ですから、基本だけ守り

作法にとらわれる事なく

しっかりお参りしていただく事が

何よりも大事な事ですね。

 

また、ちょいちょい

作法の話もしていきます。

 

ありがとうございました。