葬儀の費用や、流れ、マナー、しきたりなど、わからない事を徹底解明
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマドキの葬儀が全てわかる!葬儀屋まんぞうのぶっちゃけコラム

勝手に気ままに、葬儀の「表と裏」を書いちゃいます

妊娠は、葬儀を避けるの?

葬儀 しきたり 歴史 マナー 役に立つ

こんにちは、まんぞうです。

葬儀のいろいろな事を

わかりやすく、解決します。

 

葬儀は急に起きる事です。

親戚や友人の葬儀には、無理をしてでも

駆けつけるものですね。

 

女性の場合では、妊娠していても

葬儀に参列する機会が出て来ます。

 f:id:to0512:20161115152743j:image

ここで、よく

「妊婦さんは葬儀に出ない方がいい」

「火葬場へ同行しない方がいい」

なんて事を言われます。

 

妊婦さんは本当に

葬儀に出ない方がいいのでしょうか?

 

結論から言えば

妊婦さんが葬儀に参列しても

全く問題ありません

 

では、何故、「出ない方がいい」

言われるのでしょうか?

 

それは昔からの迷信にあります。

 f:id:to0512:20161115182426j:image

昔は、赤ちゃんを生むのも

なかなか大変でした。

医学もまだまだでしたので

早産流産も多く、順調に生まれる事も

今ほど多くなかったのです。

 

ですから、そんな事実を受け入れたくない

気持ちから、「死」を穢れ(けがれ)として

関わる事を避けてきました。

 

そこからいろいろな迷信が出たのです。

 

「葬儀に出ると、赤ちゃんに悪霊がとりつく」

「火葬場に行くと赤ちゃんを連れて行かれる」

「葬儀に出席すると赤ちゃんにアザができる」

 

などがよく言われますが

これら、すべてが迷信です

ですから、全く気にせずに

葬儀に参列されて構いません。

 

しかし、いくら迷信だとしても 

大切な赤ちゃんへの影響となると

知らん顔もできません。

 

昔は

鏡をお腹に

外側に向けて

入れてました

着物でない場合

ポケットに入れていました。

 f:id:to0512:20161115183154j:image

鏡は、昔から、悪霊を退ける効果

神様が宿る物として

信じられていました。

 

 そのため鏡をお腹に入れて

悪いものを跳ね返す

という風習が残っているのですね。

 f:id:to0512:20161115183217j:image

昔から赤ちゃんを大切に思う気持ち

そうさせたのですね。

ですから、何の根拠もありません。

 

しかし、葬儀が原因ではありませんが

もし、赤ちゃんに何かあった時

「あの時、葬儀に出たからだ」

「鏡を入れておけばよかった」

なんて思ってしまいそうなら

鏡を入れておく事も安心の一つかも

しれませんね f:id:to0512:20161115183812j:image

妊婦さん葬儀の参列で気を付ける事

もっと、大切な事があります。

 

それは

 

体調をいちばんに考える事です。

 赤ちゃんと自分自身のために絶対に無理をせず、体調管理を優先して下さい。

 

当たり前の事のようですが

葬儀ともなると、無理をされる方が多いです。

季節によっては、寒い中、暑い中

長時間、動かない状態が続きます。

 

臨月の方や、急な事がありそうな場合は

あえて、葬儀の参列は、遠慮する判断も

必要です。

 f:id:to0512:20161115152800j:image

大切な命なので、話せばわかってもらえます。

 

あとは、妊婦さんの服装ですが

やはり、喪服になります

マタニティの喪服は、売ってますし

ネットでも購入できます。 

また、葬儀社によっては

レンタルもあります。

 

一回しか使わない事も多いので

レンタルがあれば、レンタルをお勧めします。

 

葬儀は、急な事ですので

もし、身近に心配な方がみえましたら

用意しておくのもいいかと思います。

 

 

葬儀は

命と命のつながりを確認する機会 

だと、私は思います。 

 

ですから、葬儀を穢れ(けがれ)とせずに

別れの場所として

前向きに参列して欲しいと思います。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。