葬儀の費用や、流れ、マナー、しきたりなど、わからない事を徹底解明

イマドキの葬儀が全てわかる!葬儀屋まんぞうのぶっちゃけコラム

勝手に気ままに、葬儀の「表と裏」を書いちゃいます

葬儀で避ける言葉とは? 忌み言葉って?

こんにちは、まんぞうです。

お葬式の「困った」にお答えしてます。

 

葬儀の場所は、非常にデリケートな場所です。

中でも、葬儀をお仕事にしている葬儀社は

常に気遣いを忘れてはいけません。

 

身だしなみ一つ取ってもそうです。

「歯を出すな」

「スーツにシワがある」

「靴が汚れている」

「前髪はかからない」

「爪は綺麗か?長すぎないか」

「髪の色は明るくないか」 

「口臭、体臭、タバコの臭いはないか」

「香水はつけてはいけない」

「ポケットにいろいろ物を入れない」

「お辞儀の角度」

など、まだまだ他にも細かなマナーがたくさん

あります。

 f:id:to0512:20161209171443j:image

また、葬儀の現場では、

使わない方が良い言葉があります。

これを

「忌み言葉(いみことば)」

と言います。

 

忌み言葉とは、大切な人を亡くされ

神経質になっている親族に対して

「その言葉」が不幸を連想させる

または、不幸が続く意味合いに取られる

言葉です。

 

言葉は、思っているより、相手に

影響を与えます。

「そんなつもりはない」

と思って発しても、相手を傷つける事

もあるのです。

 f:id:to0512:20161209171457j:image

ですから、葬儀では

我々葬儀社の者はもちろん

葬儀にお参りに行っても

使わない様に気をつけるのが

マナーです。

 

それでは、その「忌み言葉」とは

どんな言葉なのでしょうか?

 

  • たびたび
  • またまた
  • いよいよ
  • 重々
  • 再三
  • ますます
  • 次々
  • 追って
  • 再び
  • 続く
  • なお
  • 重ね重ね

 

など、「繰り返す」「同じ事をが起こる」

などの意味合いがある言葉を言います。

 f:id:to0512:20161209171507j:image

また、宗旨、宗派によって

忌み言葉とは違いますが

使用を控える言葉があります。

 

浄土真宗キリスト教では

「ご冥福(めいふく)をお祈りいたします」

という言葉を控えます。

 

 なぜでしょうか?

 f:id:to0512:20161209171558j:image

まず、「ご冥福(めいふく)をお祈りいたします」ですが、

冥土(めいど)にて、幸せになれる事をお祈りしていますという意味です。

 

つまり、「あの世で幸せになってね」

という気持ちを言葉にしたものです。

 

「弔電」には定型文として

よく使われます。

 

言葉として、間違っていませんし、

使う人も決して悪い意味で使うわけではなく

亡くなった人を安じての言葉です。

 

そもそも冥福の「冥(めい)」とは、

「死者の霊魂が迷い行く道。また行き着いた暗黒の世界」

という意味もあり、

 

死後の世界では

あの世までの道のりの中、あの世で迷う(冥)ことがある。という考え方があります。

 f:id:to0512:20161209171748j:image

浄土真宗キリスト教では

亡くなったら、浄土へ行く

亡くなったら、神に召される

とされて、迷うことは無いとされてますので

「ご冥福をお祈りします」

は、教えと違うとされ、お寺様は、この言葉を嫌います。

 

しかし、先ほどもいいましたが

 

故人を思うからの言葉で

宗教に背くつもりで言ってるわけでもないため

そこまで気にしなくていいと思います。

 

ただ、そういう意味がある事を知りつつ

言葉にしていただいたらと思います。

 

最後までありがとうございました。