葬儀の費用や、流れ、マナー、しきたりなど、わからない事を徹底解明
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマドキの葬儀が全てわかる!葬儀屋まんぞうのぶっちゃけコラム

勝手に気ままに、葬儀の「表と裏」を書いちゃいます

葬儀の費用が高い?会館使用料とは

仕事 お金 葬儀代金 葬儀会館

こんにちは

まんぞうです。

 

葬儀の費用って高いですよね。

全国平均が199万円です。

 

これは、

固定費用変動費用宗教者へのお布施

が含まれた、総合計の金額です。

[参考]

to0512.hatenablog.com

 

そんな費用の中の固定費用

会館使用料が含まれます。

5万円〜10万円くらいが相場かと思います。

 

これは、意外と目に見えない部分です

葬儀をやった事がある人に

「会館使用料はいくら?」と聞くと

意外と答えが返ってこないものです。

f:id:to0512:20161117010021j:image 

会館使用料

棺や、消耗品などのいろいろな費用に少しづつ乗せている葬儀社と

ちゃんと会館使用料として提示してある葬儀社とがあります。

 

現在、葬儀社は、葬儀会館を持っていないと

仕事の依頼がなくなり

廃業に追い込まれます。

 

ですから、葬儀を受けるには

「箱」(会館)が必要です。

葬儀社は会館が多ければ多いほど

仕事が増えると言えます。

 f:id:to0512:20161117010041j:image

ただし

これはここ10年の話

最近では葬儀会館を持っているのが当たり前

葬儀会館の質を問われるようになりました。

 

快適で、ゆっくりできる

まるで、家に居るような感覚

もしくは、高級ホテルに居るような感覚

になるような空間を演出する葬儀会館が増えてきて、非常に評判がいいです

 f:id:to0512:20161117010051j:image

これは、家族葬が増えた事が理由の1つです。

ただてさえ、気を使う葬儀で

「少しでも、気持ちを落ち着つかせたい」

そんな気持ちが新しいニーズを

生み出したのですね。

 f:id:to0512:20161117010057j:image

さて、そんな会館の会館使用料ですが

10万円とか高いですよね。

しかし、これは仕方ない事なのです。

 

その理由を説明します。

 

まず、家族葬用の小さな会館を建てるとします

100坪でも、坪単価70万と駐車場で

1億円はかかります。

それを15年ぐらいで償却しないと

次のメンテナンスに繋がりません。

 

月に、ものすごく稼働しても20件ぐらいです。

葬儀社は1つの会館

平均、月に約6件から10件

試算の件数となります。

 

15年で償却する事を考えると

月に60万円は会館を持っているだけで

かかってくるコストとなります。

 

そうするとわかりますね。

1件の葬儀で

10万円程度の使用料が必要となってきます。

 

たまたま、1億円の会館での試算ですが

これが2億円、3億円となってくると

葬儀費用にその分かかってくる事になります。

 

昔は、会館がなくて、お寺自宅

葬儀を行なっていて、お参りも多かったので

葬儀社は、結構儲かる仕事でした。

 

しかし、現在では、会館を所有する分

費用が増えて、葬儀の仕事もなかなか

厳しいのが現実です。

 

葬儀費用が高いのは、葬儀社が

たくさん利益があるという訳でなく

 

葬儀をする環境作り

莫大な費用がかかっている事を

ご理解いただけたらと思います。

 

でも、葬儀費用は高いですよね。

新車買えてしまいますから(笑)

 f:id:to0512:20161117010512j:image

しかし、結婚式は、たま〜に2回目が

ありますが

葬儀の2回目はありません。

 

最後は、できる限りの事をしてあげたいものですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます