葬儀の費用や、流れ、マナー、しきたりなど、わからない事を徹底解明
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマドキの葬儀が全てわかる!葬儀屋まんぞうのぶっちゃけコラム

勝手に気ままに、葬儀の「表と裏」を書いちゃいます

死亡者数130万人⁉️死因第1位は⁉️

どうもこんにちは

まんぞうです。

 

葬儀屋同士の会話を聞いた事ありますか?

赤裸々な会話から、いい話まで

もし、こっそり聞いたら、

結構驚く会話をしています

 

知りたいですか?(笑)

また、ゆっくり出していきますね

そんな裏の話から、雑学までぶっちゃけます。

 

さて、みなさんは、死亡者の人数って

気にした事はありますか?

ほとんど無いですよね。

 

しかし、葬儀屋さんでは、日々気になる

指数なんです。

 

例えば、

会議での実績報告なんかは

 

 「9月のホールの施行件数は、◯件でした

    28年度、現在の累計は、◯◯件なので

   前年比96%です。」

 

「落ち込みの原因は、A市の火葬件数が

   少ないという統計から

   死亡者数が少なかったと推測されます」

 

このように、「死亡」や「火葬」などの言葉が

飛び交います

世の中の会議で、これだけ「死」に関係ある

言葉が出るのは、葬儀社ぐらいです。

あ、警察もかな?

 

ま、このように

毎月、どこで何人亡くなっているか

そのうち葬儀依頼が何件あるか

他の葬儀屋さんが何件やってるか

シェアは何%

 

これらの事を調べて

死亡者数から現状を把握するのも

葬儀屋の仕事の一つです。

f:id:to0512:20161022233732j:image 

 

では、実際は死亡者数は何人なのでしょうか?

 

平成27年度の死亡者数

全国で130万2000人

でした。

 

日本の人口が1億2000千500万人ですから

約、1.04%

となります。

 

という事は、1年間

100人に1人は、亡くなる‼️

という計算になります。

f:id:to0512:20161022220659j:image

かなり多いですよね。

 

ちなみに、出産する人数、出生数

100万8000人です。

 

という事は・・・

 

毎年、約29万人、日本人が減ってます

f:id:to0512:20161022221452j:image

ほんの5年前までは、0.85%ぐらいでした

葬儀屋としては、

「ついに1%超えた」

という感じです。

 

そんな死亡者数ですが

人が亡くなるには原因があります。

これも、指数が出ています。

 

死因ランキングベスト5

第1位   悪性新生物(ガン)

第2位   心疾患(心不全)

第3位   脳血管疾患(脳卒中)

第4位   肺炎

第5位   老衰

 

です。

1位のガンは、なんとなくわかりますね。

 

2位の心疾患は、心不全、つまり急に心臓が止まってしまう事です。

 

3位は、血管が詰まって、急にバタンです。

 

4位は、お年寄りが風邪をこじらせたり、他の病気で弱っているところに、肺炎になってしまうなどがあります。

 

5位は、ようやく、老衰です。

 

ちなみに、

7位   自殺

という残念な結果もあります。

 

10年前には、自殺は順位にありませんでした。

いかに、ストレスが多く、心のよりどころが少ない社会になったかが、わかりますね。

 f:id:to0512:20161022233358g:image

 

講習会で、ある質問をしました。

「みなさんの死ぬ確率は、何%ですか?」

すると、皆さん

「うーむ」 

と考え込みます。

 

実は、考える必要はないのですね。

人は死ぬ確率100%なのです。

 

私達がいかに

「死」を意識しない生活を

送っているかわかります。

 

私もこれまで

若い人や子供の葬儀もやってきただけに、

「明日は我が身」

「いつ何があるかわからない」

だからこそ、毎日、一生懸命やろうって

思えます。

 

たまに、逃げたい事もありますが(笑)

 

喪家様にとっては

たった1回の葬儀なので

それを忘れないよーに、頑張ります。

 

なんか、反省文みたいですんません 

最後まで、ありがとうございました〜。