葬儀の費用や、流れ、マナー、しきたりなど、わからない事を徹底解明

イマドキの葬儀が全てわかる!葬儀屋まんぞうのぶっちゃけコラム

勝手に気ままに、葬儀の「表と裏」を書いちゃいます

お棺とお柩

どうも

まんぞうです。

 

お葬式のいろんな情報を発信してます。

 

今日は、

「お棺」(オカン)

「お柩」(オヒツギ)

 

の違いです。

 

日本は、火葬国ですので、

遺体は、ほとんど火葬されます。

 

場所によっては、

「土葬」(どそう)

と呼ばれ、そのまま土に埋める地域も

まだあるそうです。

 

遺体を火葬するには、「死後24時間以上」

経っていないと法律で火葬ができません。

 

しかし、特定の伝染病や、感染症の場合に限り、24時間以内の火葬が認められます。

(コレラ、エボラ、ペスト、鳥インフルエンザなど)

どれも、危なそうな名前ですね。

死に直結し、感染力が高い病気は、これに該当します。

 

亡くなった人を火葬、土葬する時に

登場するのが

 

お棺(オカン)です。

 

ちなみにお題にもあるように

お柩(オヒツギ)も同じ意味ですが、違いは

 

⚰️お棺(オカン)→「箱そのもの」

 

⚰️お柩は(オヒツギ)→「遺体が入った状態の箱」

 

です。

 

f:id:to0512:20161008010712j:image

 

お棺は、安い物から、高い物まで

ピンキリです。

 

安い物で3万円くらいから、高い物で30万円もすることがあります。

 

実はもっと高いお棺もありますが

ほとんど、葬儀社に在庫していないです。

 

平均すると5万円〜10万円くらいが、一般的な価格だと思います。

 

最近では、いろんな色や、柄があります。

そのたくさんの種類の中に

 

「お棺にメッセージを寄せ書きできるお棺」 

 

もあります。

 

その中から、喪家さんが1本選び、通夜の前、もしくは出棺の前までに

お棺に納めます。

これを

 

「納棺(のうかん)の儀」と言います。

 

「最後くらい、良いお棺で?」

とか

「どうせ焼くのだから、何でもいい!」

と言う喪家様もあります。

 

人の価値観はさまざまですので、

その時の予算や気持ちで選べば良いと思います。

 

納棺の時に、故人が好きだったもの

食べ物や、服、着物、帽子、本

などの私物を一緒にお棺に入れたりします。

 

ここで、各市町村によっても違いますが。

1.メロン、スイカなどの大きな物

2.メガネ、アクセサリーなどの燃えない物

   金属など。

3.厚い本

 

は、燃え残ったり、

球状のもの(ボールやくだもの)は

火葬炉の中で破裂する事があるので

控えるようにします。

 

こうやって、遺体は、「お棺(オカン)」

に入って

「お柩」で、出棺します。

 

でわでわまた、こんどー